立ち位置をめぐる、攻防。

ひどいなぁ・・と、思うのですよ。
いま、TVで取り上げられている・・・そう、建築士さんの、あの一件。
専門的なことは、全くわからないのですが
ただ、それにまつわる人たちの、やりとりのさまが・・・。

真意や真実、というものをめぐって、マスメディアでは連日大討論が
繰り広げられていて
その分野の専門家、と呼ばれる人たちが出ては
色々な説明をされている。
そして、当事者とされている業者さんたちも、然り。
色々な人たちが登場しては、主張し、またそれを受けて、主張する、の繰り返し。
こういう報道を見ていると
途切れることのないループをグルグルグルグルまわっているような
なんだかそういう感じがして。
コレ、いったい誰が、とめるんだろう?

たぶん当事者(専門職や業者)しか、本来わからないこと。
当事者だけが、わかっていること。
そこにある真実は、ただひとつなのだろうと思うのだけど。
誰もが立ち位置をめぐる攻防に出ている。
しかも、根本的な問題(思惑?)とするものが、どうやらそれぞれに違うようで
争点と論点が、それぞれ違う層でしているものだから
らちがあかない。
遠隔射撃、防御。そしてまた、反撃。
そして、それを暴くかのように中立な姿勢を演じつつも
実のところかき回しているような(?)感のある、マスメディアの報道。
そして、反論する当事者たちに比べ、圧倒的に取り扱い時間の少ない
もう一つの当事者(住まわれている方々)達の声・・・。
なんだかなぁ、と思うのですよ。

でも、すべては「人間」が作り出しているものだということ。
そう思うと・・・・。
なんだか複雑なのか、単純なのか、わからなくなってくる。
[PR]
by uminomiti | 2005-11-25 14:19 | てくてく。
ふと、なんとなく考えたこと、感じたこと、な日々。