部屋に星を住まわせる。

e0082908_1427468.jpgむふふふ。完成しました!
コレコレ。
だいぶ前に買って
すっかり置き去りにしていた
ピンホール式プラネタリウム。

あまい果実さんからの
完成報告に・・・・

(  ゜  ▽  ゜  ;)アッ!忘れてた!!

そうそう。
作らずにそのままだった、ということに気づき・・。
ヨシ!今日はやるぞ~と
腰を据えて作成開始。
順調に進み、残すは恒星球を作るのみ。
プラスチックで出来た五角形の原版を
両面テープでつないでいくだけという作業。
簡単~♪わずか5分で終了。
ところが・・・
土台に装着して発見。
裏表間違えた~llllll(-_-;)llllll ずーん

・・・はがす手間に30分。
ちゃんと説明書読まなければ駄目ね。トホホ。

でも、完成しましたよ!
実際に映し出してみると
予想以上にスゴイ!
部屋中に星が輝いているじゃないですか (゚〇゚;)おおっ!!

(この画像と同じくらいの光が!→参考画像

映し出す空間の広さや、光の漏れ具合なんかで
がらっと感じる印象は変わってくるのだけれども。
色々と試した結果
我が家での一番の設置場所は
「トイレの中」・・・。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

海や星のような
果てしなくて、ゆるがないものって
ただみているだけで
どうしてか平穏な気分にさせられる。
これは一体何なのだろうなぁ。

現実の空と部屋の中の空は大きく違うけれど
そこにあるという事実は同じ。
今も確かに届いている
ずっと昔の光。
自分たちの住む星以外の光。
いつの日かそこへ行く事の出来る時代が来るんだろうなぁ。
いいなぁ。行ってみたい。
でも私が生きている間には無理だろうなぁ、やっぱり。
[PR]
by uminomiti | 2006-03-22 14:56 | てくてく。
ふと、なんとなく考えたこと、感じたこと、な日々。