■  とんでもなく、マイッタ。

今日の天気、快晴。e0082908_20405222.jpg

今日は太陽のご来光を、病院のベッドで迎えた。
というのも、汚い話になってしまうのだけど
夜中目が覚めたら、嘔吐と下痢がダブルで襲ってきた。
しかもいつになったら収まるのか、全く推測できないくらいに続く。
もう横にもなれない状態。
はいやー困ったナァとぐるぐる考えていたら
相棒くんが起きてきた。
私だけでなくて、どうやら彼も同じ状態の様子。
結果、二人でトイレを争う始末。
二人ともこうなるってことは....
疑わしいのは、たぶん夕食に食べたもの。
悠長に考える程、身体の余裕もなくて
とにかく夜間救急の病院に飛び込んだ。

すぐにDrは嘔気止め&下痢止めの点滴をしてくれた。
隣あわせで点滴を注しているのを見て、お互い苦笑い。
食べものか、それとも風邪の症状か判断はつかないけれど
二人とも同じ時間に症状がでたということは
前者の可能性が高いんじゃないのか、と。
あぁ、刺身なんて買ってきて、私のばかっ!
うらめしい思いに駆られながら
輸液が落ちるのをぼんやり眺めていた。
ベッドの向こうでは、Nrsが作業している音が聞こえてくる。
真っ白な天井を見ながら、その音を聴いていたら
ゆったりとした気分になってきた。
自分が不安な状態の時に、揺るがない人がその場にいてくれるということは
こんなにも安心するんだナァ。

点滴が効き始めたのか、終わる頃には体がだいぶ楽に。
芯からほぐれていくような感覚に
緊張しっぱなしだったんだなーと改めて気づく。
全てが終わり、病院を出る頃には空が明るくなっていた。
家に帰り、安心してフトンに横になった。

起きてみたら、もうこんな時間。
ポカリスエットを抱えて、また再び寝ます。
この時期の食べ物、どうぞご注意を。(←説得力なし)
おやすみなさい。
[PR]
by uminomiti | 2006-06-27 19:10 | てくてく。
ふと、なんとなく考えたこと、感じたこと、な日々。