■  暗闇。

今日の天気、雨のち晴れ。e0082908_10112545.jpg

朝起きて窓を開けたらムッとする湿気。
体にへばりつくようなこの感触に
体力まで奪われそうな感じ。
からっとした夏はいつ戻ってくるんだろうか。

昨日、友人から1通のメールが送られてきた。
「こういうの、どうー?」

 Dialog in the Dark 2006 TOKYO

概要は、こんな感じだったそう。

・視覚を暗闇で遮断。視覚以外の感覚を感じる。
・暗闇の道案内役は視覚障害を持つ方。
・終了後、体験を言語化しセッションする。

友人は
「色んな意味で、複雑だった。行ってみたら意味解るよ。」
とのコメント。ちょっと気になる。

でも本当の暗闇を体験できる場所って
自分の今の環境下ではなかなかないような気がする。
作り物ではなくて、自然の中にある闇。

子供の頃に行った、父の田舎。
その家は山の半ばにあって
周りを見渡せば、緑の木々と広い空。
近くには狭いながらも川が流れていた。
ジブン達以外(隣人)の人と会うには
30分以上歩かなければいけないような
そんな過疎地だった。

部屋の中には蛇がこっそり入ってきたり
トイレの中には30センチ以上もありそうなムカデがいたり
庭にはなにかしらの昆虫や動物がひょっこり現れることが
当たり前な場所だった。
母なんかはその光景に卒倒しそうになっていた。
小学生の私はお構い無しで遊んでいた。

今も強烈に覚えているのは
夕方から夜に入るあの時間の、空の色と風の匂い。
オレンジ色の空が段々と
黒いビロードに覆われていくように
夜の暗闇に変化していったあの瞬間。
暗闇がジブン達を飲み込んでしまうんじゃないかと
怖いような、でも惹かれるようなそんな気がした。

時間と共に暗闇は濃くなっていって
恐ろしいほどの月明かりがそこにはあって。
布団に入りながらそれを見ていたら
「そんなに月は見るもんじゃない」と
おばあちゃんに怒られたっけ。
あの頃絶対的な何かというものがあることを
なんとなく知ったような、そんな気がする。

闇に身を委ねる事が
どの位の覚醒もしくは遮断を感じられるのかは
解らないけれど
このイベントの主旨には
「心のバリアフリーに気づく」ことや
「視覚障害のセンスを活かした、雇用の創出」
などがあるらしい。

どうだろうなぁ。行ってみようかな。
[PR]
by uminomiti | 2006-08-17 10:13 | てくてく。
ふと、なんとなく考えたこと、感じたこと、な日々。