今日の天気、曇り。e0082908_22223710.jpg

朝、寒くて目が覚める。
時計へ目をやると、まだ日が昇る前の刻。
カーテンが風で揺れていた。
開けっ放しで、寝てしまった。
ウッカリ。
窓を閉め、ぬくぬくとした布団に潜り込む。
至福の、とき。

カズオ・イシグロとスガシカオ(SWITCH)読了。
それぞれ全く異なる作品なのだけれど
両者が主軸にしている
「人間の存在」、「時間」、そして「自分とは何か」と
作品で問いているのをぼんやり眺めていると
誰もが考えずにはいられないことなんだな、と
両者がどこかで繋がるような、繋がらないような
なんだかそんな不思議な感じがしてくる。

カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」。
この物語は、ある登場人物の回想録が主軸。
過去と現在を行き来しながら、物語は進んで行く。
語られるのは、31歳の<介護人>という肩書きを持つ
女性の過去、現在、未来。
ジブン達に与えられた運命について
いかに知り、いかに理解し、いかに疑うのか。
そしてどのように受け入れるのか。
状況から逃げ出すことなく
限られた短い時間の中で、静かに、そして熱く命を燃やす。
孤独と戦いながら。

人間の生って、一体何なんだろうか。

際限まで削ぎ落とされ、贅肉ひとつ無く
禁欲的なまでに、抑制されている言葉たちが
より静かな切迫感を強調させている。
ものすごい、作品。
読み終えた後、しばらく呆然となった。
深い余韻にただただ身を委ねていた。
そして表紙を見て、さらに打ちのめされて。
完璧なまでの、1冊。
こんなに染み入る作品は久しぶり。

カズオ・イシグロの後に
スガシカオの処女小説を読んだ。
これを書くにあたって、その当事者の関係者にも
了承を得たと書いてあった。
彼の大事な友人と、彼自身にまつわる
大事な物語なのだろう。
彼もまた、過去・現在・未来を行き来している。
(内容に真実がどれだけあるかということは
 ひとまず置いておいて)
語られる(ベースにある)のは、過去の出来事そのものではなく
過去を思い出している「今」の自分。
この時期に、それを描くこと
過去をそして今を見つめなおすという行為は
彼にとってどんな意味を持つのだろうか。
その世界に触れて、立ち会えるというのは
商業ベースなものとはいえ、嬉しいと思う。
次回はどんな言葉が綴られるんだろうなぁ。

死を、生を、命を巡る物語たち。
そんな、読書の秋。
[PR]
by uminomiti | 2006-09-22 22:22 | これは。

■  埋めるもの。 

今日の天気、晴れのち曇り。e0082908_8483733.jpg
OFF日。
気持ちのいい、空。
今日一日は何も考えないことにしよう、そう思った。
乱雑にあった全てのモノを、ゴミ箱に投げ入れた。
目の前には、ただの空間。
そんなイメージを頭に描きながら、家を出る。

無機質な匂い。ひんやりとした感触。
時間をつぶす間、持参した本に目をやる。
内容に惹かれないのか
それとも今いる場所がそうさせないのか
なんだかその本の世界が想像できず
ただただ、文字を目で追っていた。
まいったな、と思う。
想像力が追いつかない時は
現実に飲み込まれている時。
余裕がない兆候。
イカンイカン、と思いつつ本を閉じた。

冷房の効いた場所をあとにして
ラーメン屋へ出かけた。
暖かい食べ物が胃に収まるにつれ、自分の温度も上がっていく。
あぁ、食べたんだな、と身体が先に話している。
ほんわかとした気分で店をあとにした。

帰宅途中、本屋に寄る。
もう買うものは決めていた。
今月号の『SWICH』と、カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』。
待ちきれずに、帰りのバスの中で表紙をめくる。
今月号の『SWICH』は、スガシカオの特集。e0082908_22563249.jpg
10年間の損失と獲得を振り返るインタビュー
新境地の処女小説(!)の掲載。
そして、3名の方との対談。
表紙を見てはニヤリとし
ちらちら中を覗いてはニヤリとし
どこから読めばいいのか、おおいに悩む。
諦めて、カズオ・イシグロへ。
打ち寄せる静かな波のように
ジワリジワリと寄せてくる感触に身震いする。
あぁ、もったいない。ゆっくり読まなきゃ。

なんか、贅沢な夕暮れ。
[PR]
by uminomiti | 2006-09-19 22:49 | これは。

今日の天気、晴れ。e0082908_9183792.jpg

仕事の帰り道、注文していた「bridge 8月号」を取りに行く。
表紙にたたずんでいるのは、Cocco。
そこにある姿は、以前の彼女とはなんだか少し違う気がした。
柔らかい表情。すっきりとした眼差し。澄んだ目。
どことなく肩の力が抜けているような
観ている側が安らかに目を向けられるような
ふんわりとした感じがする。
柔らかな、安定感。美しいな、と思う。
あぁこの人は羽化したんだなぁと、なんとなく思った。

今回のbridgeでは、Coccoが活動中止から現在に至るまでの
5年間について回顧し総括している、4万字に及ぶインタヴュー。
このインタヴューについて、編集部日記にはこう記されていた。

「 音楽を愛するすべての人に
  さらには、自分が一体何をして生きていったらいいのかわからない
  何の手段も何の信じられるものももたない人にこそ届けたい
  とても奥深い人生インタヴューです。
  取材に立ち会いながら、私は何度も震えました。
  ぜひ、読んでほしいと思います。          引用元:bridge officialsite 」

インタヴュアーが胸を打ち、震えたという回顧。
Coccoというひとりの表現者が、歩んできた時間を
双方の語りを通して整理していく。
出来事に対して彼女がどのような言葉で表現するのか
そして意味づけをしていくのかがすごく興味深く
(ややインタヴュアーが前面に出ている感が否めないけども。)
特に自分のダークサイドな側面、歌という存在、窓についての
語り部分には惹きこまれる。
中でも自分が抱える負のパワーについて
自分が囚われるくらいなのだから
その大きや強さが絶対何か形にできるだろうと考えていたという
その捉え方には圧倒的な凄みを感じた。
なんて強いんだろう。
地に足がしっかりとついているんだな。
喪失感や挫折感といった自分の中の感情と真っ直ぐに向き合い
痛みや感情を「歌」という形で吐き続けてきた人。
もがいてもがいて、傷ついても、揺らいでも、自分の足で歩き続けて。
彼女もまた「自分」を探し続けて来た人だったんだ。

もう歌=感情ではない、と彼女は言う。
5年という時間を通し、人と対峙し自分と対峙して
新たな自分を手に入れたのだろう。
インタヴューを読んでいて、過去の作品のような
刃の上で綱渡りをしているようなそんな感覚を覚えるようなものは
もう現れないかもしれないな、と思った。
彼女はサナギを脱ぎ捨てて
美しい羽を広げ始めたんだな、と改めて思う。
もっと自由に、もっと高く飛んでいくんだろう。

自分というものに忠実に生きるその生き様。
その真摯さに、強力なパンチをうけたような、そんな感じ。
果たして自分はそう生きているんだろうか。
[PR]
by uminomiti | 2006-07-08 09:29 | これは。

オフ日。
夏と勘違いしそうなほどの攻撃的な暑さに
もうクラクラ。
6月ってこんな気温だったっけ。
車に乗り込んで、しばらく後悔。
というのも、愛車umi号は
冷房をかければ、時折熱風を吹き出し
暖房をかければ、冷風を送り出すという
大変なご機嫌屋。

以前あまりにもガマンできなくなって
ディーラーに運んで診てもらい
治療を施してもらったのだけれど
時間が経つと、また同じような症状に。
何度か同じ工程(診断&治療)を繰り返すものの
ほぼ変わらない状況。
もしかしたら車そのものが治る気がないのかも、と思い
それ以来積極的努力をするのをやめた。
究極的に困る真夏の時期だけクリアすれば
なんとかなるしナァと
なんだかんだと12年。
いまだになんとなく手放せないumi号。
○○なヤツほどカワイイ、っていうのが
なんとなく理解できそうな気がする。

今日の暑さに、さぁどう出る、umi号?
...案の定、熱風。うぅ。だめだこりゃ。
家で涼もう。活字浴。ハイ決定。
発売日を勘違いしていた本があるかなーとハラハラしつつ
速攻本屋へ。無事に入手。
コレを読んで、今宵はほっこりします。


「 きょうの猫村さん2 湯けむりバージョン 
e0082908_20551722.jpg

著者: ほしよりこ
単行本(ソフトカバー)
出版社: マガジンハウス (2006/05)
ASIN: 4838790082

手ぬぐい&石鹸のみならず、箱にも仕掛けが。
こういう作り手側の遊び心って、なんか嬉しい。
[PR]
by uminomiti | 2006-06-01 21:05 | これは。

■  ゆめ

e0082908_2042590.jpgなんとなく女の子の笑顔につられた。
そんな単純な興味から、手にとってみた1冊の本。
そこには、
「あなたの夢はなんですか?」という
問いに対する100人分の回答が記されていた。
これを見ていて、ふと思った。
「夢」って一体なんだろうか。

『 1歳から100歳の夢 』
出版社: いろは出版
ISBN : 4902097087
価 格 :1900円


1歳から100歳。
それぞれの思い描く、「夢」。
自分の事。家族の事。世界の事。孫の事。
未来の夢、現在の夢、過去の夢。

夢という名の生き様。
100人100様の
今を起点とした、それぞれの生き方への構想力。
夢をみることは
生き続けていくための方策のひとつなのかもしれないなぁ。

この いろは出版では、ドリームプロジェクトを進行中。
サイトの青空が美しい~。

******************************

夢見る、力。
みんなどんな夢を持って、人生に立ち向かっているんだろう。
もしも機会があるのなら、いろんな人に聞いてみたい。
ゆっくり、まったり飲みながら。

「 あなたの夢はなんですか? 」 


e0082908_23353629.jpg■読み仮名 :ゆめみるちから10ねん
■品目 :麦焼酎
■原料 :麦(二条大麦)・麦麹
■容量 :720ml
■アルコール度数 :40度
■麹 :白麹
■蒸留方法 :減圧蒸留
■製造元  :神楽酒造(宮崎県)
[PR]
by uminomiti | 2006-04-28 23:29 | これは。

いつ読んでも、怖い。

想像すると、かなり怖いe0082908_148885.jpg
特徴的なこの冒頭のシーン。


< ある朝、グレゴール・ザムザが
   なにか気がかりな夢から目を覚ますと
   自分が寝床の中で
   一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した・・
 >


今日、本屋に立ち寄ったら
「変身」(カフカ)の新訳版を発見。
e0082908_1485990.jpgこの本を見た時
真っ先に想像するのは<ザムザ>の姿。
私の頭の中のザムザ像は
黒光りしたゴキブリのような容姿。

考えるだけで、結構ゾッとする。
もし、ジブンがそんな姿になったら
どうするんだろうか?
周りの人たちは
どんな反応を示すのだろうか。
排除しようとするのか。
それとも努めて優しい言葉なんかをかけたりするんだろうか。
考え始めると、結構コワイ。

何が怖いかといえば
虫になってしまうそのことも十分怖いけれど
「違う姿」というだけで
存在そのものを否定されて
なかったことにされてしまう事が
一番怖い。
そしてそれに怯えながら
周囲の人を疑い続けるのも
つらいだろうなぁ。

そうなった時
正気を保っていられるのだろうか。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日、知ったニュース。

チェコのフランツ・カフカ協会が
プラハ出身の作家フランツ・カフカ(1883-1924年)にちなんだ文学賞
フランツ・カフカ賞」を、村上春樹氏に贈ることを決めた。
この賞は、民族文化の重要性を喚起することなどに貢献した作家に贈られるもの。

e0082908_1482782.jpg2001年に創設と歴史的には浅いものの
2004年・2005年の、この賞の受賞者2名は
いずれもその年にノーベル文学賞を受賞。

もしかしたら
村上春樹さんがノーベル賞を受賞する可能性があるかも?と
報道されていた。

日本という文化が骨組みにされている本が
言葉を超えて
世界中の色々な国の人たちが
手に取り、愛しているという事実。
心からすごいことだなぁと思う。

もう一回読み直してみようかな。
ねじ巻き鳥あたりから。
[PR]
by uminomiti | 2006-03-25 02:18 | これは。

己の名をになう影。

e0082908_9523269.jpgこの間、用事で大手町に出かけたら
構内で一枚のポスターを見つけた。

7月公開の
ゲド戦記」のポスターが!

中学生くらいの時に、この本と出会ったのだけれど
当時この本を読んだ時
へぇ~おもしろいなぁ、ぐらいにしか思わなかった。
たぶん読みきれていなかったんだと思う。
今改めて読み返してみると
本当に深い作品だと思う。

ゲド戦記は、人間の内面というものを真摯に見つめている作品。
善と悪、光と闇を対立的に描くのではなく
どちらも誰もが持つ一側面であり
それらとどのように向き合って
了解していくのかということについて
丁寧に描かれている。
影から目をそらさずに
それもまた自身の中に取り込み
封印させるのではなく
共存の道を歩んでいく。
内なるバランスを保ちながら。

ふと思う。
影って実はどういうことなんだろうか。

読んでいるうちに
架空の世界にいるゲドは
今いる現実の生身の自分であるような
そんな感じさえしてくる。
ファンタジーでありながらも
この物語の核は、普遍なテーマだと思う。
それを今映画として取り上げるということは
どんな意味をもつんだろうか。

翻訳ものであるのに
読んでいて違和感を感じさせない
なめらかで美しい文章。
年齢問わず、読み手の世界を大きく開くような
懐の広さを感じさせらる、この作品。
そんなゲド戦記が、スタジオジブリで映画化。
どんな風に映像化されるのかな。
話は原作に忠実なんだろうか?
それとも手を加えるのか・・・?
原作を読んだ人たちは、どう感じるのだろうか。
映画にも、その反応にも、興味津々。
公開が待ち遠しい~。

さっそくジブリに製作ページが。
製作者の想い、翻訳者の想い。
それぞれの作品に対する愛情。
ひとつの原作が新たな作品に生まれ変わるのって
こういうことなんだなぁ。
妙に納得。


<関連サイト>
 ◆ ゲド戦記 製作日記 
 ◆ 翻訳者特別寄稿 
 ◆ プロデューサーのインタビュー
[PR]
by uminomiti | 2006-03-18 10:03 | これは。

いやいや。e0082908_2236304.jpg
面白い本を発見。
読み出したら止まらない
溺死寸前ネタ”80編。
リアルなつぶやきと、シュールな絵。
あの「猫村さん」以上の脱力感。
思わず、即買い。

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

 「 溺死寸前絵日記 」
著者: ケイスケ
出版社: 双葉社
ISBN: 4575298719
価格: ¥ 1,050

◆絵日記サイト「溺死」に綴られていたものが
 1冊の本にまとめられたそう。
 サイトも面白い~。

 →サイトはこちら。 「溺詩

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж

絵が言葉を支えていて。(いや超えてるかも?)
泣きながら夏休みの絵日記を書き上げていた(うぅ)私にとって
絵日記と聞くと、イヤ~な汗が浮かんできたりするのだけれど。
ちょっと絵日記を見直したかも。

ケイスケさん、くれぐれもお体お大事に・・・。

  
[PR]
by uminomiti | 2006-03-05 23:03 | これは。

わ!ついに新刊が
1月25日に発売だそうです!
e0082908_211363.jpg
茂木健一郎 「プロセス・アイ」 
徳間書店
 (税込み価格 1890円)

以下、本の内容については、
クオリア日記からの引用です。

жжжжжжжжжжж 引用開始 жжжжжжжжжжж

近未来小説。
心と脳の関係に切り込む「プロセス・アイ」
理論を考案した天才科学者。
新経済理論『スペラティヴ』
をひっさげて巨万の富を築き、世界を動かす
視点を獲得しようとした哲学者。
亡き恋人の思い出を託された美少女。

チュニジア、東京、ニューヨーク、上海、
ワシントン、ウィーン、バリ島、ハワイ、テキサス、
チベット、そして宇宙を舞台に、「未来のクオリア」
に満ちたファンタスティック・サスペンスが
展開する。

引用元 クオリア日記
жжжжжжжжжжж 引用終了 жжжжжжжжжжж

『 著者の理論「クオリア」を小説的に展開した
  ファンタジック・エンターテインメント!
  』 と紹介されていました。

15章にもわたる、スケールの広さ。
クオリア、人工知能、人工意識・・。
初めての、小説化。
脳と心の問題、わたしという意識の問題。
どんな言葉で、どんな物語が描かれているんだろう?
想像ができないですよ??
発売まであと4日。

あぁ、待ち遠しいです。
[PR]
by uminomiti | 2006-01-21 21:30 | これは。
ふと、なんとなく考えたこと、感じたこと、な日々。